ホーム > まいたんのひとりごと > 「自分のことが好きだ」と思えるお母さんになる
件名 「自分のことが好きだ」と思えるお母さんになる
団体名 統括団体 
対象  
内容 皆さまこんにちは(^0^)
来週はいよいよ!大寒波!という予報がでましたね。
年末年始...遠出をされる方も多いと思いますが、
どうか安全第一で移動なさってください。

さてさて、今年最後のまいたんのひとりごと。

次のチェックに当てはまるお母さんは、どれくらいおられますか?

□私は自分のことをあまり好きではない
□自分の好きなところより嫌なところのほうがすぐに言える
□私はもっと努力が必要だと感じる
□怒ってばかりでダメな母親だと思う
□年齢相応にうまく子育てしなければ、と思ってしまう

たくさんチェックがついたお母さんは要注意!
最近少しお疲れなのでは?

子どもが心も身体も健康に育っていくために、
“自己肯定感”や“自尊感情”という思いはとても大切。
自分をあるがままに受け入れ、大切にできる、自分を好きと思える感情のことです。

この感情は、子どもだけでなくおかあさんの子育てにも大きく影響します。

子どもは、おかあさんのことが無条件に大好きです。
自分をこの世に生み出して、
昼夜を問わず、自身のことを後回しにしてでも自分の世話をしてくれる。
この世で一番信頼している存在がおかあさん。

つい周りの目が気になって、
もっとがんばらないといいおかあさんではない、自分はダメだ、
と思ってしまうことがあるかもしれません。

でも大丈夫。

毎日おかあさんでいること、
精一杯子どもと向き合って子育てしていることで
充分がんばっているのです。
そんな自分を受け入れて、笑顔でいる幸せなおかあさんは、
子どもに安心と幸せを与え、子どもは幸せに育ちます。

“〜しなくちゃ!”と思ってしまう時の魔法の言葉
『ま、いっか☆』

人はだれでも完璧じゃない。
できない自分も「ま、いっか」と受け入れて、
当たり前のようにやっていることこそいいところ!と気付き
「やるなぁ、自分」とほめて、自分を大切にしていきましょう。

今年1年はどんな1年でしたか?
来年はどんな1年にしましょう?(*^^*)


まいたんより

 
関連URL  
問い合わせ先 子育て支援基幹センター
0773-62-0103 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ