ホーム > まいたんのひとりごと > 「ちょっと手を貸してください」という言葉
件名 「ちょっと手を貸してください」という言葉
団体名 統括団体 
対象  
内容 皆さんこんにちは!
今週は、温かくなったり雪が降ると言われたり
気温差が大きく驚きますね(*_*)
体調を崩しておられませんか?

そんな忙しい毎日の中で、
がんばっているお母さん。

その、お母さんががんばれる原動力は何ですか?
子どもの笑顔?成長する姿?(^^)

お母さんは、誰もが
“お母さんだから子どものためになんでもできるはず”
“自分の責任でこの子をいい子に育てなければ”
と思ってしまいがち。

周囲からもそう思われているんじゃないか、と感じ、
うまくできないと自分を責めたり悲観してしまったり…

“こんな自分はダメだ”
“どうして自分だけうまくできないの?”
“もっとがんばらなくては”と、
どんどん自分を追い込んでしまう。。。

自分に自信がない、
自分の子育てはこれで合っているのか不安…
でも誰にも聞けない、話せない、
どうしたらいいか分からなくなってきた…
そう思うことってありませんか?(;_;)

誰でもそんな思いになる時がある。
毎日、一つひとつが初めてのことだから。

そんな時には「私の子育て、これでいいんかなぁ…」
って誰かに話してみましょう。
きっと、『私もそれ思ってた!』という答えが返ってくる。

そして、しんどい時には誰かに
「ちょっと手を貸してください!」と言ってみよう。
手助けしたい、と思っている人はあなたの周りにたくさんいます。

私たちは、皆さんが
子育て上手ないいお母さん よりも
子育てを楽しめる幸せなお母さん であってほしいなぁ
と、いつも思っています。

お母さんが幸せであることが、
家庭を明るくし、子どもが幸せに育つ秘訣です。

時には子どもを誰かに任せて、
子どもと離れて自分の時間を持つことも大切。
いろんな価値観の中で、たくさんの人にかわいがって育ててもらうことは子どもの幸せ。
思い切って任せてみるのもいいことですよ。

上手く息抜きをして、忙しい年末を楽しく過ごしましょうね(*^^*)


まいたんより 
関連URL  
問い合わせ先 子育て支援基幹センター
0773-62-0103 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ