ホーム > まいたんのひとりごと > やさしくふれてそだてよう *Part1*
件名 やさしくふれてそだてよう *Part1*
団体名 統括団体 
対象  
内容
前回の「抱きしめる」というお話に引き続き、
今回もスキンシップのおはなし。

あかちゃんは、ふれてもらうことが大好き!(^^)
肌でいろいろなことを受けとめています。

あなたなら、どんなふうにふれてもらうと心地いいですか?

話しかけて、名前を呼んで、
目と目を合わせてから ふれたり
手をあてて、ゆっくりじーんわり柔らかくふれたり
さすったり、ゆすったりして、軽く刺激をしてみたり。
(あくまでも軽く!)

おむつかえを嫌がる時期。
おむつかえのたびに、
ふれてもらって“心地いい”と感じていると、
すすんでころ〜んと転がるようになる・・・かも?

歯磨きを嫌がる時期。
顔に触れられることに慣れていると、
落ち着いてあ〜と口をあけるようになる・・・かも?

肌は、“突き出た脳”とも言われています。

いのちの始まりの受精卵の頃。
その1番外側の部分が 皮膚 と 脳・神経 に
分化していきます。
だから、肌と脳はすっごく関係が深いんですって。

やさしくふれて、肌からの刺激をいっぱい脳に伝えて、
やさしくすくすく育てましょう。


まいたんより
 
関連URL  
問い合わせ先 子育て支援基幹センター
0773-62-0103 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ