〜子育てひろば〜 ルンビニこども園 さるなぁと

親子であーとせらぴーat城南会館

城南会館の芝生広場で自然を感じながら、皆で【ゆびえのぐ】を使って感じたままに思いっきり自由に色に触れ、アートを楽しみました!海外ではフィンガーペイントとして知られています。素材のもたらす安心感から、情緒・心を安定させたり、感情を発散させたり、汚れた手足を洗った後の爽快感・解放感・・・こういった体験を軸に自主性・創造力・感性がグンと伸びます!!

アート活動の中でお子さんたちの表現の仕方や遊び方をまるごと受け止め「この子らしさ」を発見していきました。活動の中で、沢山褒めてもらうことで、自己肯定感や自尊心が高まります。
大好きなお母さん、お父さんが、自分たちと一緒に楽しんでくれるということは、ワクワクやドキドキ・楽しいといった気持ちに、同調・共感してもらえたことと同じことなんです!
お母さんたちも一緒になって色に触れて頂きました♪
脳を刺激し心を開放する【ゆびえのぐ】は、グニャグニャとした独特な感触で、不思議で気持ちが良く、ダイレクトに色彩に触れることができます!アレルギーテストもされており、えのぐ特有のニオイもなくて安全。スルスルと広がっていく色たちは、子供たちを夢中にさせます。
当日、一時的に強い【風】が吹き、模造紙やブルーシートが大きくなびく場面もありましたが「海みたい!」と子どもたちも大興奮。バサバサする音や肌に感じる秋の風と共に、五感を使って全身で楽しむことができました。
手にいっぱいつけてじーっと観察!
最近赤がお気に入りだそう。赤は自信ややる気・生命エネルギーに満ちた身体を元気にさせる色です♪
アート活動の中では子どもたちの個性を見つけていきます。すぐに取り組むことができなくても、始めは慎重で周りをよくよく観察し考える力がある証拠!活動から離れてウロウロしたとしても全然OK。色々な探索をしてこそ思想がめぐります。
色にはそれぞれ【波長】が出ています。色から出る波長によって、身体の自律神経系に作用し、交感神経・副交感神経のバランスを整えます。人は無意識に、自分の身体や心に必要な色(波長)を欲していると言われています。
奥の方で「ガオー」と怪獣になりきっているお子さんがいました♪何かの物語が彼の中に生まれているんですね♪
白い紙を自分の手足で変化を加えることは自信がないとなかなか取り組めません。アートは完成品ではなく、それまでの過程が重要と言われ、何をどんな風にどんな言葉でどんな表情・動作で…。このような具体的な表現や個性を発見し、沢山褒めてあげます!その繰り返しが自信へとつながっていくのです♪
前のページへ戻る